ホーム 製品 ソリューション ▼ ヘルスケア 歯科医院 商業施設・オフィス 福祉施設 リサーチ 事業案内 画像ライブラリー 施工事例 お問い合わせ
 
APERTURE スカイシーリング

Sky Factory Aperture

Portals to Open Sky


Aperture SkyCeilings™ は私たちの空間認知能力に特有の変化を起こす事で見る人が弊社の製品を単なるインテリアの空では無く、本物の空であると錯覚するまでに昇華させることができます。

格子の無い窓

始めにAperture SkyCeilings™の内部構造として今までスカイタイル間に設置されていたグリッド天井を取り除くことで障害のない広々とした空を演出することができます。 グリッド天井を取り除いたことでスカイタイルの表面が実際にどの高さにあるのか人の認識が曖昧になります。その誤認識は人がより空間の広がりを感じる助けとなります。

グリッド天井を取り除いたことでスカイタイルの表面が実際にどの高さにあるのか人の認識が曖昧になります。その誤認識は人がより空間の広がりを感じる助けとなります。

隙間

二つ目に、Aperture SkyCeilings™は外縁のフレームとスカイタイルの表面を少し離すことでフレームとスカイタイルの間にわずかな空間を作ります。この空間は人が中心より外からAperture SkyCeilings™を見上げるときに三日月型の空間となって現れます。

しかし、このわずかな空間がある事で人がAperture SkyCeilings™を真下から見上げるときには自身が双眼鏡をのぞいて空を見ているような効果をもたらします。見る人は自身とスカイタイルまでの正確な距離や、スカイタイルの表面の正確な位置の把握が難しくなります。これらは見る人々をスカイタイルに組み込まれている内容(より本物の空と思わせるための要素)により集中させるのに役立ち、結果、人が広大な空の下に居るという誤認識を働かせる助けになります。

両方とも、この空間の曖昧さが「イメージ独特の青さ」や「空の広がりを認識させる為の構成要素」「どこから見ても境目がない」など他の様々な要素と組み合わさる事で脳の知覚能力に確かな誤認識を引き起こすのです。

Aperture SkyCeilings™はこの三つの構成要素に画期的な変更を加える事でより確かな誤認識(バイオフィリックイリュージョン)を生み出すのです。

見えない反射板

三つ目に、見えない機器の境界線がこのAperture SkyCeilings™の特徴です。縁がスカイタイルの表面を反射することにより空と機器の境界線を見えなくします。この事によりスカイタイルの端がどこにあるか明確に捉えさせません。

これら三つが合わさる事により、人が真下からAperture SkyCeilings™を見上げると明確な空の奥行き を感じ取ることができます。また、真下以外から見ても空が横に広がっているように見えます。結果として境目のない広大な空を演出することが出来ます。

Aperture SkyCeilings™のスカイタイルは周りの縁から浮いている様に見えます。これが空をより広く見せます。

円形と楕円

Aperture SkyCeilings™は初の境界線のない円形と楕円デザインのスカイライトです。円形はサイズが3種類あり、楕円は22種類あります。

主な利点

  • 広大な空へと続く扉を作り出します。
  • 自然を再現する事で室内に溶け込みます。
  • 人工的な日光を閉鎖空間にもたらします。
  • Can be combined in different sizes to create striking way-finding or ceiling design solutions

特徴

  • 円形の縁の上に浮いている格子のないスカイタイル
  • 格子の無い円形ー0.9m、1.2m、1.5mのご用意があります。
  • 格子の無い楕円—1.2m x 1.8m、1.5m x 2.4mのご用意があります。
  • EcoPlus LED backlit lighting system (6500K color temperature)

How Aperture SkyCeilings Work

1. LED Lighting System
Aperture SkyCeilings feature our backlit EcoPlus
LED lighting system providing unmatched calibrated
daylight quality illumination (correlated color tempera-
ture 6500K). EcoPlus Lighting

2. Luminous SkyTile (image panel)
Circular or elliptical, lightweight polycarbonate image panel featuring a proprietary, high-resolution digital image color-calibrated for optimal daylight illumination. 画像ライブラリー

3. Trim Side Wall
This mechanical boundary frames the image panel’s circumference with a wall that reflects light, preventing the eye from detecting a distinct edge to the SkyTile.

4. Perimeter Frame
Fire-rated MDF, catalyzed conversion varnish with a white matte finish.

5. Ceiling

6. Interstice—Straight Up View
(POV perpendicular to the opening)
When the observer stands directly underneath the Aperture (circle or ellipse), the interstice is perceived thanks to our binocular vision. This contributes to the illusion of depth.

While the gap itself is an empty plane hovering over another plane (the perimeter trim and ceiling), this layering leads the brain to account for the resulting spatial discrepancy.

It does so by relying on our ingrained habits of percep-
tion and concludes that the non-reflective Luminous SkyTile must be, in fact, a receding space—a volume above a plane.

7. Interstice – Angular View
(POV off-center from the portal)
When the observer views from off-center, the circular or elliptical Aperture’s interstice is, in fact, a crescent shaped gap on the far side of the observer’s point of view.

Given the height of the installation, the nature of the SkyTile and its image, and the reflective properties of the mechanical design within the interior wall, the observer is unable to see a material edge to the sky.

Instead, the viewer perceives a sky that continues later-
ally and vertically beyond what the eye can actually see, forcing the brain to conclude the portal is consistent with the experience of a borderless, unbounded sky. Documentation

FOR QUESTIONS, PRICING, OR QUOTES CONTACT US

お問い合わせ

Sky Factory Japan
HSD Japan合同会社


Email: info@japan.skyfactory.com
Website: www.japan.skyfactory.com
電話:050-5306-4498
住所:〒270-1432 千葉県白井市冨士151-2-129
お問い合わせ

ソーシャルメディアで繋がる